ながさき紫陽花まつり 5月26日(土)~6月17日(日) シーボルト記念館、中島川公園、出島、グラバー園など

image

「あじさい」は、出島のオランダ商館医・シーボルトのお気に入りの花でした。 この地で運命の女性・お滝さんと出会い、イネという娘をもうけながら、国外追放の身となって最愛の人と引き裂かれたシーボルト。 彼は、大好きなあじさいに愛する人の名前から「オタクサ」と学名をつけ、ヨーロッパに紹介しました。シーボルトとお滝さんが再会できたのは、安政の開港の年。実に三十年の歳月が流れていました。 彼らにまつわる場所を訪ね、再会を信じて耐えた日々とその愛の軌跡に想いを馳せながら、2人の愛の証「あじさい」の花々をお楽しみ下さい。 約3,800株のあじさいが、市内各所(中島川周辺、シーボルト記念館、出島、グラバー園など)に設置され、色とりどりの花を観賞することができます。

 

★関連イベント

紫陽花(おたくさ)まつり限定そっぷ」が提供されます!

長崎で獲れた新鮮な魚介を使った人気メニュー「長崎そっぷ」

期間限定で紫陽花をイメージした限定そっぷが提供されます。

※「そっぷ」はオランダ語で「スープ」の意味

http://www.city.nagasaki.lg.jp/kanko/870000/875000/p031143.html