フェスティビタス ナタリス 12月2日(土)島原市北有馬町

image

戦国時代、イエズス会の中等教育機関「有馬セミナリヨ」が南島原市北有馬町に日本で初めて創立されました。西洋音楽、西洋美術、天文学、ラテン語、宗教などが教えられたのち、4名の少年が「天正遣欧少年使節」としてヨーロッパへ派遣されます。
その当時を再現したこのクリスマスイベントが、フェスティビタスナタリス。
当時の南蛮料理の再現や、聖歌隊がグレゴリオ聖歌をうたいながら、南蛮衣装を身にまとった約200名の南蛮行列など、当時にタイムスリップしたような時が流れます。
高さ30メートルの立木に装飾されたイルミネーションも必見です。