竹ン芸 10月14~15日 若宮稲荷神社

image

若宮稲荷神社の秋の祭りに奉納される行事で、男狐・女狐の面をつけた2人の若者が、高さ10m余りの2本の青竹の上で曲芸が行なわれる。神社の使いである男狐・女狐が若宮神社の御神徳をよろこんで裏の竹藪で遊ぶ姿を模したこの曲芸の起源は中国伝来の羅漢踊り。文政3年(1820)、初めて八百屋町が諏訪神社に奉納(長崎くんち)したのがはじまりといわれ、国選択無形民俗文化財(市無形民俗文化財)に指定されている。
演技は、道行、宝珠印、逆(さか)上がり、吊り下がり、両扇、大の字、男狐逆上がり、女狐渡り、カンタン夢の枕、餅まき、ゆり、逆さ降りなどの呼称がついており、囃子方の楽器に、かつては唐笛・パラパラ・キャンキャン・胡弓が使用されていたが、現在は唐笛と締め太鼓と三味線に変わっている(県無形民俗文化財に指定:中尾獅子浮立と唐子踊保存会)。竹は、この囃子にあわせ、一定の速度でユラリユラリと下で揺り動かされ、揺れるたびに集まった観客から歓声があがる。
狐達の曲芸の舞台となる青竹は、カセと呼ばれる足かけ棒が15本つけられた「昇り竹」とカセが4本の「振り竹」が台に取り付けられているだけ。人の命を預かるに足りる、強靱かつしなやかな青竹を探すのは毎年苦労するのだとか。竹の根元では、「台方」と呼ばれる人達が竹を支え、狐を見守っている。
小学生の小狐の可愛らしい曲芸を皮切りに、女狐が昇り竹に上がり、芸を披露しながらだんだん上っていく。狐の面だけではなかなか男狐と女狐の区別がつきにくいが、しぐさを見ると、その動きはまさに妖艶で女狐以外の何者でもない。続いて男狐が昇り竹に上がり、二匹のあわせ芸が始まる。やがて女狐は振り竹に移り縁起餅を観客にまいたあと、下りていくのだが、その下り方もまるで落ちるかのように滑り降りた思えばぴたっと止まって見せる。
その後は、男狐の一人舞台。クライマックスに近づき、懐に潜ませたニワトリを宙に放すところは圧巻。これは観客に対して振る舞われたものだが、あの妙技の間、ニワトリはどこにいたのだろうと気になってしまう。飛べないニワトリも10m以上の高さから放り投げられて、慌てて近くの木まで飛んでみせるのだ。男狐の勇壮な芸、逆立ちや「狐飛び」に、観客は肝を冷やす。
不思議な響きのお囃子と、どこかのどかで単調なかけ声のもとで行われるのは、まさに息をのむような人間離れした芸。秋晴れのもとで見るのもいいが、夜はいっそう幻想的な世界となる。