長崎くんち 10月7日~9日 (諏訪神社、長崎市公会堂前広場、お旅所、八坂神社)

image

「長崎くんち」は、380年の伝統を持つ、 長崎市民の氏神・鎮西大社諏訪神社の祭礼行事です。
寛永11年(1634年)、二人の遊女が諏訪神社神前に謡曲「小舞」を 奉納したことが長崎くんちの始まりと言われています。
奉納踊は国指定重要無形民俗文化財に指定されています。
踊りを奉納する町を「踊町(おどりちょう)」と言い、 7年に1度出番がまわってきます。 勇壮華麗な演し物にアンコールを意味する 「モッテコーイ」のかけ声が響き、観客の熱気も最高潮に!

毎年10月7日から10月9日までの3日間、町を挙げて催され、 県内外からたくさんの観光客が見物に訪れ、 長崎を代表する秋の大祭となっています。

【踊場】 諏訪神社(上西山町)、長崎市公会堂前広場(魚の町) お旅所(元船町)、八坂神社(鍛冶屋町)

【平成28年 踊町】 今籠町    傘鉾・本踊(ほんおどり) 油屋町    傘鉾・川船(かわふね) 元船町    傘鉾・唐船祭(とうせんまつり) 上町     傘鉾・上町コッコデショ(うわまちこっこでしょ) 鍛冶屋町   傘鉾・宝船(たからぶね)・七福神(しちふくじん) 筑後町    傘鉾・龍踊(じゃおどり)