早岐茶市 【初市】5月7日~9日【中市】5月17日~19日【後市】5月27日~29日【梅市】6月7日~9日

2018年06月09日(土)

image

400年余り前の安土桃山時代、交通の要衝であった早岐では、漁師や農民らが山海の幸を持ち寄って物々交換したのをきっかけに、「市」がたつようになりました。最盛期の江戸末期から明治の中頃にかけては600隻もの船が集結し、九州の茶の相場は早岐で決まるとまでいわれました。400余年の歴史を現代に引き継ぎ、早岐茶市は今でも活気に溢れています。

ほたるのふるさと相河川まつり 5月26日(土)~6月10日(日) 新上五島町相河郷

2018年06月02日(土)
image
新上五島町の初夏の風物詩!上五島の中でも、多くのほたるを観賞できる相河(あいこ)川において「ほたるのふるさと相河川まつり」が開催されます。
美しいほたるの乱舞をどうぞお楽しみください。また、会場では屋台も出店されますので、皆様お誘いあわせのうえ、ぜひ会場までお越しください.

佐々町 花菖蒲まつり 6月02日(土)~6月03日(日) 皿山公園

2018年05月18日(金)

image

佐々町三大花まつりの一つです。佐々町皿山公園にある菖蒲園で、毎年5月下旬から6月上旬にかけて行われます。
県北一約2万株の花菖蒲が咲き乱れ、夜には、竹灯篭でライトアップされた幽玄の世界が広がります。運がよければホタルが舞う姿を見ることもできます。

ながさき紫陽花まつり 5月26日(土)~6月17日(日) シーボルト記念館、中島川公園、出島、グラバー園など

2018年05月15日(火)

image

「あじさい」は、出島のオランダ商館医・シーボルトのお気に入りの花でした。 この地で運命の女性・お滝さんと出会い、イネという娘をもうけながら、国外追放の身となって最愛の人と引き裂かれたシーボルト。 彼は、大好きなあじさいに愛する人の名前から「オタクサ」と学名をつけ、ヨーロッパに紹介しました。シーボルトとお滝さんが再会できたのは、安政の開港の年。実に三十年の歳月が流れていました。 彼らにまつわる場所を訪ね、再会を信じて耐えた日々とその愛の軌跡に想いを馳せながら、2人の愛の証「あじさい」の花々をお楽しみ下さい。 約3,800株のあじさいが、市内各所(中島川周辺、シーボルト記念館、出島、グラバー園など)に設置され、色とりどりの花を観賞することができます。

 

★関連イベント

紫陽花(おたくさ)まつり限定そっぷ」が提供されます!

長崎で獲れた新鮮な魚介を使った人気メニュー「長崎そっぷ」

期間限定で紫陽花をイメージした限定そっぷが提供されます。

※「そっぷ」はオランダ語で「スープ」の意味

http://www.city.nagasaki.lg.jp/kanko/870000/875000/p031143.html

1 / 9112345...102030...最後 »