島原城薪能 10月13日(土) 島原城天守閣前広場

夕方から夜、島原城を背景に篝火の明かりの中で能が舞われ、幻想的な光景が広がる「島原城薪能」。

島原藩時代は盛んに能を催したとされ、また島原城には能楽堂があり松平文庫には多くの謡本や狂言本が今も伝えられています。
やがて島原の町人や農民にも今も、その能が広まり、1983(昭和58)年に「島原城薪能」が復活、現在まで続いているのです。

そんな島原の歴史を感じる”薪能”、楽しんでみませんか?