着物で行きたい長崎スポット! 「長崎新地中華街」

43126

長崎新地中華街は横浜、神戸の中華街と並んで日本三大中華街として知られていて、東西南北約250mの十字路になっている街には約40店舗が所狭しと並んでいて、中華料理はもちろんのこと長崎名物のちゃんぽんや皿うどんを出すお店があります。

長崎新地は江戸時代に中国船からの積み荷を保管するための蔵を建てるために、唐人屋敷の前の海を埋め立てて新たに出来た場所ということから新地と呼ばれ、新地中華街は明治維新後に唐人屋敷や新地蔵所が廃止されたことから、在留中国人は新地に移り住んで長崎独自の中国人街が出来ました。