長崎くんち 10月7日(月)、8日(火)、9日(水)

「長崎くんち」は長崎の氏神「諏訪神社」の秋季大祭。  寛永11年(1634年)、二人の遊女が諏訪神社神前に謡曲「小舞」を奉納したことが長崎くんちの始まりと言われています。  以来、長崎奉行の援助もあって年々盛んになり、さらに奉納踊には異国趣味のものが多く取り入れられ、江戸時代より豪華絢爛な祭礼として評判だったそうです。  この奉納踊は、国指定重要無形民俗文化財に指定されています。 <開催期間> 毎年10月7日・8日・9日 <場 所:踊場> 諏訪神社(長崎市上西山町)、長崎市公会堂前広場(長崎市魚の町)、 お旅所(長崎市元船町)、 八坂神社(長崎市鍛冶屋町)

詳しくはコチラ→http://nagasaki-kunchi.com/